Profile

Name : 登川敬介 /Togawa Keisuke
Pseudonym:とがわ敬介/KT-MaNdA/Mankichi
ロシア名:Кэйсукэ Tогава
朝鮮名 : 케이스케 / 토카와 케이스케

株式会社 DESIGN PLANICA提携

アートプロデュース:玉椿(六本木)/西武百貨店シューウィンドー/フジテレビ(音楽番組/美術)その他
販売促進デザインマネジメント:西武百貨店シューウィンドー/原宿VIVRE21/ラフォーレ原宿/(株)アマタケ/Canon(株)

(株)NTN商品製品開発:(株)クボタ/(株)資生堂/青山眼鏡(株)/ヤンマー(株)/大塚製薬(株)/(株)プラス
デザインマネジメント:新宿ツバキハウス/玉椿/VIVRE/大成建設/キュリオシティー/浪漫堂出版

毎日新聞出版部/東京アナグラム/JUST SYSTEMS
音楽関連:Tribe of Noise契約(オランダ国)
文筆関連:専門書/コラム/小説/エッセイ
思想関連:ムダニズム/ポストムダニズム/
講師関連:デジタルハリウッド/ヒューマンアカデミー/その他専門学校・ワークショップ
主な職歴:ニッカウヰスキー/浜野商品研究所(株)/現在:浜野総合研究所(株)
バイト歴:ガラス工芸/クリーニング/中華料理/土木/造船/写真製版/カメラマン

趣味:バイクツーリング/サッカー/フィールドアーチェリー/トレッキング/楽器リペア/日曜大工/読書/写真/動画

boku keisuke 2019_11 mono m1.jpg

高校在学中に音楽事務所に所属。ギタリストとして大阪及び東京を中心に音楽活動を行う。その後音楽の感性を磨くために渡米。海外のアーティストと接するうちに、CREATIVEに興味を持つ、CREATIVEにグローバルな世界観を感じ、独学を開始。そしてデザイン業界へ転職し、ニッカウイスキー/ANN/青山制作室にて、「ツバキハウス」、「玉椿」、「カンタベリーハウス」などのディスコやクラブの空間および販売促進およびデザインに取り組み、現代美術展およびライヴコンサートのイベント企画制作なども手掛ける。その後、実績を買われ浜野安宏氏の「浜野商品研究所」に入社。大手企業の商品開発。プロダクトおよびCIデザイン、グラフィックデザイン、パッケージおよび空間デザインに関わる。ITブームに入る頃、仮想店舗「キュリオシティー(CD-ROM)」(マルチメディア)の企画制作およびデザインディレクションを行い、「日経新聞マルチメディア部門-最優秀賞」を受賞。その後、3Dグラフィックスに取り組み、「デジタルハリウッド」、「ヒューマンアカデミー」で講師を勤め、現在は退職し、個人的な創作活動を行っている。専門書や雑誌のコラムなどの執筆を行い、中小企業へのアドバイスなどを行うかたわら、創作写真および、オランダの音楽出版社Tribe of Noiseと契約。他マイサウンド制作およびセッション、そしてファッションショーなどのサウンドデザインなどにも取り組んでいる。

The author of an visual work or of an unpublished photographic work shall have the exclusive right to exhibit the original of his work publicly.                                   2014 Keisuke Togawa.